忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683


今頃になってなんとなく欲しくなったので購入。
本日は、米ハズブロ社、キャプテン・アメリカ~ザ・ファースト・アベンジャーズ、シリーズ1からキャプテン・アメリカ(アルティメット)。

アルティメット・ユニバースという、所謂、マーベル・コミックの仕切り直しのコミック・シリーズで活躍する、現代版キャップ。
キャップの属するヒーロー・チームも、アベンジャーズではなく、アルティメッツとなっている。

ちなみにアルティメット版キャップの大きな特徴は、マスクに羽が付いていないところ。



キャップについては今年映画も公開され、日本での知名度もウナギ昇り…かどうかは知らないが、アメリカの国旗をモチーフにしたコスチュームを纏った変人アメコミのヒーロー位の認識はあるものと期待したい。
DCヒーローかマーベル・ヒーローかについては…あまり細かいことは捨て置くこととする。



さて、フィギュアについては、現代風コスチュームのキャプテン・アメリカという事で、マスクの継ぎ目やら、耳の出ているところやら、グローブ、ベルト、ブーツのデザインがリアルなデザインになっている。



クラシカルなコスチュームに比較して、基本的なコンセプトは同じだが、やはり現代風に改められているといった感じか。



カラーリングはフィギュアのオリジナルのようで、上半身は水色、下半身はグレイを基調としている。
これは恐らく、同時発売された他のフィギュアと区別化を図るためだと推測。



また、低年齢層のプレイ・アビリティを考慮して、ダブル・ブレイド・シールドなるオリジナルの武器が付属している。



武骨で重そうなシールドに刃が仕込まれており、



二つに分けて使うこともできる…という設定のようだ。

トニー・スタークが鼻歌交じりに片手間で作成した悪乗り兵器だろうか。
キャップは真面目だから騙されて持たされちゃったんだろうな。

んで、申し訳なさそうに

「トニー、悪いんだけど、あのシールド、使い勝手が悪くてさ…」

なんて切り出すと、スタークが

「え、マジで使ったの?!」

なんて会話が脳裏に浮かぶ…。



そんなワケで他のフィギュアから普通の盾を流用。



キャップといえば、やはりシールドでしょう。うんうん。やっぱり普通が一番だね。



他のフィギュア同様、背中のホールに差し込むことで、背負った状態も再現可能。



クラシカル・コスチュームと比較。
好みは分かれるところだろうが、どちらも甲乙つけがたい。

…大差ないということだが。



差し替えてビッグ・スリー。
クラシカルなビッグ・スリーも悪くないが、モダンなビッグ・スリーもなかなかよい感じか。
並べて飾りたいなーなんて考えていると際限なくフィギュアが増えていくのだが…(汗

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 18 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
無題(返信済)
(07/20)
(07/17)
忍者ブログ [PR]