忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517



ゲホッ ゲホッ ゲホッ

そんなワケで、風邪を引きました。
GW明け、仕事大詰めなんスけどしっかり休ませてもらいました。

風邪なんて5年ぶりくらい。
調子に乗って運動してたら体脂肪率が激減したせいか?

それとも風呂上りに鏡の前でハダカでニヤニヤしてるせいか?

健康だけど不健全な漢、その名は管理人。



本日は、米ハズブロ社、マーヴェル・ユニバース・シリーズ7から、アイアンマン。
エクストリミス・アーマーと呼ばれるものらしいが、詳細は不明。
原作コミックでもシリーズによってデザインが異なるし、アーチストによってもビミョーに差異があるのでこだわりだすとキリがない。
なんでも、アイアンマンのコミック「エクストリミス」シリーズで登場したスーツらしい。
「エクストリミス」自体は、よくあるマーベル・コミックの“仕切り直し”というヤツで、サザエさん状態のマーベル・ヒーローのオリジンを新たに造り直して現代風に改めたもののようだ。
なお、この「エクストリミス」のいくつかの要素は映画版アイアンマンにも影響を与えているとのこと。



デザイン的にはシャープでイイ感じ。
先に紹介した同社のアイアンマン2・ムービー・シリーズに比べると、股関節が簡略化されていて、自由なポージングが妨げられているのが難点。



マーヴェル・ユニバースでも同じヒンジ形式の股関節にしてくれると嬉しいのだが。コストとか品質管理の点で問題があるのだろうか?
ウルヴァリンにしろ、このアイアンマンにしろ映画とタイアップしたフィギュアはそれだけ余分にお金をかけているということなのだろう。



大腿部の継ぎ目、色の異なる部分に横回転軸が設けてあるのだが、そのせいか大腿部がやや太めになってプロポーションがちょっと崩れ気味。



前述した股関節の構造のせいで、自立させるのもちょっともどかしい感じだが…



シリーズ共通の“立たせ難い”という欠点をカヴァーするためか、今回から専用スタンドが付属しているので、そちらを使用すれば大胆なポーズも可能。
どうせならマーヴェルトイズ(旧トイビズ)のマーヴェル・レジェンズのようにジオラマ風のスタンドがあればなお嬉しいのだが。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(09/15)
無題(返信済)
(08/30)
無題(返信済)
(08/29)
無題(返信済)
(08/29)
忍者ブログ [PR]