忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298


ドン・ドン・ドン・ドン・ド・ド・ドン♪

Flash! - ahhhhhhh - Saviour of the universe!

…ってなワケで、いきなり登場した米ビフ・パン・バウ社のフラッシュ・ゴードン。
しかも、映画版。うーん、かなりマニアックだなぁ。
ホントに売れるのかな、これ?
え?フラッシュ・ゴードン知らない?

フラッシュ・ゴードンはアメリカのコミック・ストリップ・シリーズ(新聞連載漫画)で、初出は1934年1月7日の日曜版の連載。
作者は画家のアレックス・レイモンド、のちにドン・ムーアがライターとして加わった。
1940年には週日連載も開始され、長期にわたる連載により、多くのアーティストがシリーズに関わりを持つに至り、その中にはあのフランク・フラゼッタも含まれている。

ストーリーは冒険家フラッシュ・ゴードンと恋人のデイル・アーデンがザーコフ博士の発明したロケットで惑星モンゴに向かうところから始まる。モンゴは冷酷な皇帝ミンに支配されており、フラッシュ・ゴードンは仲間と協力しながら正義のために皇帝軍を敵にまわし戦うことになる。このモンゴとはモンゴルのもじりであり、当時の黄禍思想によるアジア敵視のアメリカの風潮が偲ばれる。
フラッシュ・ゴードンはアレックス・レイモンドの素晴らしいアートワークで人気を博し、のちのスペースオペラにも多大な影響を与えたと言われている古典的名作だ。

そして、スターウォーズの成功を受け、1980年には、米20世紀フォックスによりマイク・ホッジスを監督に迎えて映画化されたのだ。


Amazon
フラッシュ・ゴードン (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第1弾)


映画では原作コミックでポロプレイヤーだった、フラッシュ・ゴードンが、ニューヨーク・ジェッツのクォーター・バック、つまりアメフトプレイヤーに設定が変更されている。

つーか、原作でフラッシュがポロプレイヤーだったってのが笑える。

主演はサム・J・ジョーンズ(フラッシュ・ゴードン)。他にもメロディ・アンダーソン(デイル・アーデン)、マックス・フォン・シドー(ミン皇帝)などが配役された大作であった。
ちなみに、サムは栄えある第1回ラズベリー賞の主演男優賞にノミネートされているが、惜しくも(?)「ジャズ・シンガー」のニール・ダイヤモンドにその座を奪われている。

テーマ曲を含む劇中の音楽は全て、クイーンが担当。主題歌「フラッシュ」などを含むサウンドトラックアルバムは世界的に大ヒットしている。


Amazon
フラッシュ・ゴードン

ジョージ・ルーカスは『フラッシュ・ゴードン』の映画化を念願していたが、既に映画化権がおさえられていたので『スター・ウォーズ』を製作したのだという。
よく、同時期に公開されたスターウォーズと比較されて貶されるが、フラッシュゴードンはあくまでもスペース・オペラであり、SF映画ではないので比較するのもヘンな話である。非科学的、大味、能天気、ご都合主義、ワンパターンがスペース・オペラの醍醐味なのだ。宇宙人とアメフトを始めた時点で拍手喝采するくらいでなければ見る資格がないと言えよう(嘘)。ちなみに原作コミックでは、あのシーンは当然、馬に跨ってポロをしている(大嘘)。

なお、1974年にはフラッシュ・ゴードンをパロディ化したポルノ映画『フレッシュ・ゴードン』(Flesh Gordon) が米国で製作されて色々な面で話題をよんだ。

なんでも製作当時、FBIの監査が入ったらしい。


Amazon
フレッシュ・ゴードン ヘア解禁ノーカット完全版

映画『フラッシュ・ゴードン』のパロディと勘違いされることが多いが、こちらの方が公開が6年早いので、むしろテレビシリーズのパロディと考えた方が妥当だろう。当時流行りのダイナメーションを多様しており、かなりHな映画として知られるが、ポルノなんだから当たり前である。当然18禁だからね、念のため。(ただし、日本ではエロシーンをカットして一般公開されたとか。)
恐ろしい事に、存外の人気があったためか1993年には2作目も公開されており、かなりスカトロ色の濃い作品に仕上がっているとか…。


Flash -theme of Flash gordon-

Flash - ah - 宇宙の救世主
Flash - ah - 我らを救う
Flash - ah - 彼こそは奇跡
Flash - ah - 不可能を統べる者

彼は我々のために
我々のために立ち上がる
その力強い腕で全てを守る
全ての男を、全ての女を、(そして)全ての子供達を
その大いなる閃光(フラッシュ)にて

Flash - ah -
Flash - ah - 我らを救う

彼は勇気のあるただの人間に過ぎない
彼自身もまた自分が人間以上の存在ではないことを心得ている
だが、彼は決してしくじらないだろう
(なぜなら)純粋な心を持つ者だけが黄金の聖杯を見い出すことができるのだから

Oh oh - oh oh

Flash

…ところでフィギュアの解説はしたんだっけ?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]