忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[1293]  [1292]  [1291]  [1290]  [1289]  [1288]  [1287]  [1286]  [1285]  [1284]  [1283
そんなワケで本日は前回に引き続き、米ボス・ファイト・スタジオ社、ベーシック・ V.H.A.C.K.S. シリーズ、ウェブ3から、ワンダラー(ウォリアー・フォー・ハイア)をご紹介。

商品名が二転三転するのはこの会社ではよくあることで、確か前回のトイフェアまでは、バーバリアン・ウォリアー(フィメール)だったような?

まぁ、細かいことはどうでも良いが、ワンダラーとは“漂流者”或いは“漂泊者”のことであり、ウォリアー・フォー・ハイアとは“雇われ戦士”くらいの意味なのだろう。



この野蛮人の放浪者は、ヴァンダーと同じくストームヴォルテール族のひとりであり、ドラゴン教団のメンバーと戦った際に彼らから被害を被り、助けを求める人々に手を差し伸べている。

なお、ストームヴォルテール族とドラゴン教団の確執については、以前ヴァンダーの紹介の際にもとりあげた通りである。



さて、フィギュアに関しては、一見して

アメコミ版のキャ〇カ?

ではないかと思ってしまいそうな、色黒の女性戦士。



フィギュア自体はシリーズ2の女性用汎用素体に、シリーズ1と2の既存パーツを流用。



顔のパーツは、シリーズ1のギリシャ神話シリーズに登場した短髪系アマゾネスだが、何気に素顔で使用されるのは初めてか。



アクセサリーとして、ヘルメットと両手剣、可動方向の異なる両手首、メーカーのロゴ入りフィギュアスタンドが付属。



ヘルメットは男性版バーバリアンのリペイント。
剣は画像のように腰のベルトに佩くことも可能。

って、ヘルメット、グリ〇ィス?!



剣を両手持ちさせてみるとこんな感じ。



なんとなく、黒人コンビで一枚。

ファンタジー系アートの定番ともいえる露出度の高いブラバリアン女戦士だが、もしかしたら男だけだとあまりにもムサ苦しくなり過ぎる、ということで清涼剤的な役割を果たしているのかもしれない。



ちなみにブラバリアンとはブラジャー型アーマーを着用したバーバリアンのことらしい。
誰だか知らないが、その造語を作った人は天才じゃないかと思う。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ぱっと見がキャ〇カっぽいと思ったら言及されていました(´_ゝ`)カンガエルコトオナジーw
NT URL 2020/04/26(Sun)22:56:47 編集
Re:無題
NTさん、今晩は。(=゚ω゚)ノ

うんうん、人類皆兄弟。やっぱり考えることはみんな同じなんですね(違

【2020/04/26 23:11】
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3
6 7 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(07/10)
無題(返信済)
(07/09)
無題(返信済)
(07/05)
無題(返信済)
(07/05)
無題(返信済)
(07/04)
最新TB
忍者ブログ [PR]