忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[1285]  [1284]  [1283]  [1282]  [1281]  [1280]  [1279]  [1278]  [1277]  [1276]  [1275


本日は前回に引き続き、米ボス・ファイト・スタジオ社、VITRUVIAN H.A.C.K.S. 、マイティ・スティーズから、オーストラリアン・トラック・キットBをご紹介。



トラックとは、要するに馬の背に乗せる“鞍(くら)”のことである。



当初は商品名の“モダン”、つまり“現代的”な、という形容詞がついていたのだが、実際の商品化にあたって消えてしまったようだ。



鞍とは言っても実際には手綱やサドルバッグも付属している。



サドルバッグはセパレートになっており、好みに応じて簡単に付けたり外したりできる。



トラック・キットはキットというだけあって単体ではなく、前回紹介したベーシック・ホースのフィギュアに装着するためのアクセサリーなのだが、



装着方法は至って簡単。
まず馬の頭と前髪を外して頭絡(とうらく)を被せ、再度前髪と頭を元に戻す。



鞍は一度馬の首を根元から引っこ抜き、腹帯(ふくおび)の付根の接続部分の左右どちらか一方を外してから鞍を固定し、胸繋(むながい)を通して首を嵌め直すだけ。



何を言ってるのかわからないかも知れないが、書いてる方もよくわからない。
馬具の名称がわからない方はググっていただきたい。



黒い馬に黒い馬具もいい加減わかりにくいと思うが、やはりこの方がかっこいいのではないかと。
目を赤く塗ったらもっとそれらしくなるかも知れない。



ちなみにカラバリとしてオーストラリアン・トラック・キットAもあり、そちらはタン系統の明るいカラーリングになっている。



今、ふと気が付いたのだが、管理人の購入したパッケ、AとBの表記が間違っているような?



裸の馬も決して悪くはないのだが、こうして馬具を装着すると、いっそうクオリティの高さが際立って、いかにも“馬”という感じ。



サドルバックを外すとこんな感じ。時代を特定しないデザインになるのがありがたい。



4インチの人間フィギュアを乗せる時には、ちゃんと手綱を持たせ、鐙(あぶみ)に足を乗せることができるようになっている。



馬と言えばやはり鞍、ということで、今回は一番オーソドックスなライトトラック・キットから紹介させていただいたが、次回はクリーチャー・キットの方を紹介させていただく予定。



デュラハン?!

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(05/06)
はじめまして(返信済)
(05/04)
無題(返信済)
(04/28)
無題(返信済)
(04/26)
無題(返信済)
(04/22)
最新TB
忍者ブログ [PR]