忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
邪魅の雫

京極夏彦著、講談社刊。
弁当箱のようなサイズでも有名な“京極堂シリーズ”最新刊。
全部読みきらないとレビュー記事が書けないので、購入してからやたらと間が空いてしまった。
書店で購入したところ、なにやら解説本がつくとかつかないとか。
店員さんに非常に申し訳なさそうに「全部でちゃいました。」と頭を下げられたが、言われなかったら多分気がつかなかったと思う。件の解説本何某は後日知人が譲ってくれたのだが、まだ目を通していない。

さて、別々に起きた事件が最後にひとつになるプロットはいつもの如く。
律儀にも主要な登場人物は全て顔を出すのだが、多彩な人物が別々の状況で登場し場面も小まめに変わるので、読み続けるのに疲れるのもまたいつもの如く。章が変わり、場面が変わるとそのまま継読するのが辛くなる。
今回は特に独特の精神構造を持つ人物が多いので、感情移入がしにくいのが難点だが、全ての謎が解けたはずの読了後にも、何やらスッキリしないのは、やはり著者の意図するところなのか、それとも読み手に何かが憑いたのか?

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]