忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144


いい加減、黒いバックに黒いフィギュアというのも見難くて問題アリなのだが、かといって白いバックだと、今度は白いフィギュアが見難くなるので困り者である。ならばいっそ白黒以外にした方がいいのだが、家中見回しても良い素材が見つからないので勘弁願いたい。
そんなワケで管理人にとって撮影時の色的に最悪の取り合わせのこの2点を紹介。
DARTH VADER (STAR WARS EVOLUTIONS Anakin Skywalker to Darth Vader/2005)
STORM TROOPER (VOTC/2004)

《ダース・ヴェイダー》
ヴェイダーはSWフィギュアの中でも最も人気のあるキャラクターであり、それこそ何度もフィギュア化されている。
04年から展開した新フォーマット、『ヴィンテージ・スタイル・フィギュア』では、マントに布製の素材を活用し、全身の可動部を増やして様々なポージングが可能になった。それ以後は、同様に全身可動タイプのヴェイダーが商品の主流となっている。
数あるヴァイダーの中でも個人的にお気に入りなのが、このエヴォリューション版ヴェイダーである。
VOTC版に比べ、首の上下の可動がオミットされてしまったものの、肩口にボリュームがあり、プロポーションも良好。ヘルメットも外すことができるが、残念ながら中の顔はイマイチ。

《ストーム・トルーパー》
帝国軍の白い突撃兵、ストーム・トルーパー。
無駄のないフォルムと美しいデザインにより、名も無き一兵卒のクセに根強い人気を誇る。映画EPⅣ-Ⅵの旧三部作では最後まで雑魚キャラ扱いだったが、EPⅡ-Ⅲの公開によって実は優秀な兵士だったことが判明。どこでどう間違ったのか、性能が劣化してしまったようだ。
ストーム・トルーパーに関しては長いこと、「整列させることのできる素立ちのフィギュアが欲しい」と思っていたが、03年に展開されたクローン・ウォーズ・シリーズにおいてスーパーポーズエイブル版のクローン・トルーパーが販売されたことで、期待が一気に高まった。そして04年に、このVOTCでついに全身可動版が実現されたのは嬉しい限り。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(09/15)
無題(返信済)
(08/30)
無題(返信済)
(08/29)
無題(返信済)
(08/29)
忍者ブログ [PR]