忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47


いきなり古いゲームを紹介したりする。
ドリームフォージ社で開発され、1998年にリリースされた『サニタリウム』。
交通事故で顔と記憶を失った主人公が、どことも知れぬ精神病院で目覚めたところからストーリーが始まる。
“ Where is this ?” “ Who am I ?”
今となっては良くあるパターンのアドベンチャーゲームではあるが、現実と幻想の境界線上で、自分の正気を疑いながらリアルな意味で“自分探し”を行うのもまた一興か。
ゲームは三人称視点のタイプで、雰囲気は一環して不気味でグロテスク。
「怖い」「恐ろしい」ではなく「気持悪い」「気味が悪い」という表現こそこのゲームのイメージを端的に表現しているように思う。
頭を強打したせいか、地に足が着いていないような不可思議な現実世界と唐突に訪れるフラッシュバック。ここは本当に現実の世界なのか、それとも…?
暑い夏の夜にこそ、押入れの中から引っ張り出してやりたくなるような作品だ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(12/07)
無題(返信済)
(12/05)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(12/02)
無題(返信済)
(11/24)
忍者ブログ [PR]