忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


本日は、X-PLUS USA、米トイザらス限定、レイ・ハリーハウゼン フイルム ライブラリーから、ケンタウロスをご紹介。

拍手[1回]

PR


毎回、微妙にタイトルが異なる、“大掃除してたら出てきちゃいましたよ”シリーズ第4弾は、米マクファーレン社、スポーンシリーズ12、クリーチをご紹介。

クリーチはトッド・マクファーレンらが興したイメージ・コミックのヒーローのひとりで、同社のコミック・アーティストであったグレッグ・カプロの創作によるキャラクター。

アメコミにおいてはキャラクターの著作権は出版側が所有、管理することが一般的なのだが、イメージ・コミック社では原作者が所有している。よって版権上色々なトラブルも発生しているらしい。

カプロはぶっちゃけ、スポーンがあまり好きではなかったらしく、後に自らが権利を有するアンジェラの使用を禁じ、近年にはマーベル・コミックのガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーに登場させたりしている。

このクリーチはスポーンとは直接関係はないのだが、同じイメージ・コミックの人気キャラクターということで度々フィギュア化されている。

個人的には頭のウネウネとマッシヴなデザインがツボ。

拍手[1回]



大掃除したら出てきましたよシリーズ第3弾。
前回の記事を見たヨメが「大掃除したのはあなたじゃなくて私でしょ」とツッコミを入れる。

米マクファーレン社、スポーン・シリーズ11、スポーン・ザ・ダーク・エイジからオーガ。とは言っても、もちろん、範馬勇次郎のことではない。

このシリーズ、実はリペイント版があり、しかも、このオーガに限っては、オリジナル版はクラブ(棍棒)とリペイント版がモーニング・スター(鉄球)と付属する武器が異なる。

ブリスターには両方納めるスペースがあったのに。もしかして、コストが超過してしまったのだろうか?

フィギュアによって明らかに大きさも重さも違うのに、値段は同一というアメトイの謎。

拍手[1回]



大掃除で出てきましたよシリーズ第2弾。

米マクファーレン社、スポーンシリーズ11、スポーン・ザ・ダークエイジからスペルキャスター。

スペルキャスターというくらいなのだから、魔術師系のキャラなのかも知れないよく知らんけど。
外観は人間とトカゲのあいの子みたいな感じ。左右非対称のデザインと、肌の質感が超グロくてステキ。

故・韮沢靖先生が好みそうなデザイン。
ちなみにシリーズ11の中では一番人気がなくて常に投げ売り状態でした。

拍手[1回]



大掃除してたら出てきたので、ついでにアップ。

当時のアメトイの中では、まさにオーパーツ並みのクオリティの高さ。

デザイン的には日本の特撮ヒーローに出てくる悪の組織の女幹部みたいだね。

拍手[1回]

プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
最新CM
(08/19)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
無題(返信済)
(08/19)
忍者ブログ [PR]