忍者ブログ
或いはヨメさんとの不毛な戦いの記録
[420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410


本日はSWBF、コミック・パック・シリーズからバロン&ホビー。
米ダーク・ホース・コミック、『ローグ・スクァドロン』に登場する、帝国軍の主力戦闘機タイファイターと反乱軍のX-ウィングのパイロットのようだが、詳細は知らない。


《左》BARON 《右》HOBBIE




先ずはデレク“ホビー”クリヴィアンから。
ホビーは、ローグ中隊のローグ4に所属するX-ウィングパイロットで、帝国アカデミーにおける、ビッグス・ダークライターのウィング・メイトだった。公式設定では身長は2mということになっているが、身長2mの男がX-ウィングのコックピットに納まるのだろうか、甚だ疑問である。



フィギュアはサガ・シリーズのダッチ・ヴェンダー(2004年)のリデコであり、頭部以外は同じ素体を流用している。
可動部は、首、両肩、右肘、左手首、両膝(ボールジョント)と不規則で、ヘルメットは着脱可能。ヘルメットの下は頭巾を被っている。
アクセサリーとしてブラスターが付属。




コレリア人の帝国軍パイロット、バロン・フェル。コミックでは口ひげを生やしていたが、フィギュアでは再現されていないため、余計だれだかわからない。
付属コミックの内容とタイファイターパイロットの装備が付属しているため、かろうじて帝国軍のパイロットであろうことは推測できるが、詳細は不明。



上半身がややボリューム過多で、プロポーションはあまり良好とは言えないが、可動部は多く、足首がオミットされている程度で後はほぼ標準的なフルポーザブル・タイプ。
アクセサリーとして、タイファイター・パイロットの装備と、ブラスターが付属。




バロン・フィルのフィギュアに付属している、タイファイター・パイロットの装備一式。装備は3つのパーツに分割できる。

そこで…



この人に登場してもらい、



きゃすと・おん!







帝国軍の肩章がないくらいで、後は特に違和感なしでフィット。
こちらも足首の可動がないタイプだが、“ほぼ”フルポーザブルのフィギュアのないタイ・ファイター・パイロットの代用としては上出来のプチ・カスタムではないかと自画自賛。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ばん
性別:
男性
職業:
内緒
趣味:
雑多
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
最新CM
無題(返信済)
(06/25)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
(06/15)
忍者ブログ [PR]